【2023年】簡単・今から始められる眼鏡/サングラスのセルフメンテナンス(水洗い)

【2023年】簡単・今から始められる眼鏡/サングラスのセルフメンテナンス(水洗い)

こんにちは、

個性的なデザインの眼鏡/サングラスを

販売する通販サイト

トラッドアイウェアトーキョーのスタッフです。

 

今回は今すぐできる眼鏡/サングラスの

セルフメンテナンス方法について書いていきます。

ズバリその方法とは「水洗い」です。

加えて専用のクリーナーや

中性洗剤を使用して洗浄することで

眼鏡を清潔に長く使うことができます。

(*画像はイメージです)

眼鏡を水洗いすることは、

一般的には安全な方法ですが、

いくつかの注意点があります

以下は眼鏡を水洗いする際の基本的な手順と注意点です。

 

1. 予備洗浄

まず、

流水で眼鏡を軽く予備洗浄します。

流水の下でレンズとフレームを優しく洗い流し、

埃や汚れを取り除きます。

 

2. 中性洗剤の使用

中性洗剤を使用して、

眼鏡のレンズとフレームを洗います。

(*専用の眼鏡クリーナーが

入手できるのであれば

基本はそちらを使用しましょう。)

中性洗剤は、

レンズやフレームの素材を傷つけずに

汚れを取り除くことができます。

洗剤を手に取り、

指で軽くレンズとフレームを洗い、

汚れを取り除きます。

石鹸や洗剤が眼鏡に残らないように、

洗剤を充分にすすいでください。

食器用洗剤などでは

最近の製品は洗浄力が強いものもあるため

使用する場合は薄めて使用することが

推奨されています

なるべく眼鏡専用のクリーナーを

使用しましょう。

 

上記の手順を実行することで、

眼鏡を水洗いすることができます。

ただし、

他にも注意点として以下のようなものがあります。

 

*熱い水を使用しない

熱い水はレンズやフレームの素材に

損傷を与える可能性があります。

常温の水を使用しましょう。

 

*強い洗浄剤やアルコールの使用を避ける

強い洗浄剤やアルコールなどの使用は、

レンズやフレームの表面を傷つける可能性があります。

中性洗剤を使用し、

なるべくメーカーの指示に従ってください。

 

*特定の素材やコーティングに注意

眼鏡の素材や特殊なコーティングによっては、

水洗いが適さない場合があります。

メーカーの指示や取扱説明書を確認し、

適切なメンテナンス方法を守りましょう。

 

以上の注意点に留意しながら、

適切な方法で眼鏡を水洗いしましょう。

簡単かつ手軽に大切な眼鏡を

清潔な状態で保つことができます。

 

それでは。

トラッドアイウェアトーキョー

OKD

関連記事

【2023年】失敗しない眼鏡/サングラス作りのコツ

【2023年】失敗しない眼鏡/サングラス作りのコツ

「トラッドアイウェア-Trad Eyewear」が雑誌「2nd」に掲載されました。

「トラッドアイウェア-Trad Eyewear」が雑誌「2nd」に掲載されました。

トラッドアイウェアトーキョーは細身のチタン製眼鏡『rimsync eyewear(リムシンクアイウェア)』の取扱店です。

トラッドアイウェアトーキョーは細身のチタン製眼鏡『rimsync eyewear(リムシンクアイウェア)』の取扱店です。

x