眼鏡の聖地・鯖江で製造される匠の「クリップオンレンズ」メガネ/サングラス(Trad-TOKYO)

眼鏡の聖地・鯖江で製造される匠の「クリップオンレンズ」メガネ/サングラス(Trad-TOKYO)

こんにちは

日本で最も「トラッド」なメガネを

販売するオンラインストア

TRAD Eyewear TOKYOのスタッフOKDです。

 

今回はメガネの生産地として

有名な福井県鯖江市で製造される

「クリップオンレンズ」のメガネを

ご紹介したいと思います。

(メガネフレームに外付けのサングラスレンズ)

クリップオンとは

メガネフレーム本体の上から

サングラスレンズだけを被せるように

装着する仕組みのことです。

(本体は通常のメガネとして機能する)

本体であればメガネ/サングラスの

併用をする場合は

メガネ/サングラスそれぞれ1枚ずつ、

合計2枚のフレームの携行が必要です。

(上から被せるクリップ式サングラスレンズ)

今回紹介しているクリップオンでは

クリアレンズのフレームに対して

上からサングラスを必要に応じて

着脱できるので、

例えば屋内ではメガネとして、

屋外ではサングラスとして

フレーム1枚でメガネ/サングラスの

2役を同時にこなすことができるのです。

 

「普段使いしている度入りレンズのメガネを

そのままサングラスとして使う」

といったことも可能なので、

おしゃれに使いつつ実用性もバッチリですね。

 

フレーム形状に対して

対応する専用のクリップ形状であれば

レンズカラーは完全にお好みです。

本体、クリップ側いずれも

レンズ交換は可能。

レンズ交換して自分だけのクリップオンを

作ることも良いと思います。

(グリーンレンズのクリップオン)

TRAD Eyewear TOKYOでは現在、

甚ノ七拾六 JN076[ Jinroku ]

というモデルのクリップオンメガネを

取扱中です。

 

ブランドコンセプト

・・・

鯖江の眼鏡職人である長谷川正行が父、甚六の名を受け継ぎ制作するブランドです。

デザイナーの自由な発想と、日本の誇る一流の眼鏡職人とのコラボレーションを実現することで既成の概念を捨て、新たな常識を生み出すために歩み続けています。

熟練した技術者でないと扱いが難しいセルロイド製の眼鏡をはじめ、一流の職人がつくる細部までこだわった眼鏡です。

制作に時間はかかりますが、艶や質感、重厚感が光る、上質な作品です。

・・・

いかがでしょうか。

2022~2023年のトレンド

クリップオンメガネ/サングラス

日々のメガネライフをもっと楽しく。

ぜひご検討くださいませ。

 

OKD

関連記事

2022-2023 人気の跳ね上げレンズやクリップオンメガネなど、伝統的で新しいメガネのオンラインストア(Trad-TOKYO)

2022-2023 人気の跳ね上げレンズやクリップオンメガネなど、伝統的で新しいメガネのオンラインストア(Trad-TOKYO)

アイウェアのオンラインストアが提供するカラー・度入りレンズなどへの交換サービス

アイウェアのオンラインストアが提供するカラー・度入りレンズなどへの交換サービス

トレンド物だけじゃない。眼鏡屋がおすすめするスタンダードで使いやすいメガネ/サングラス(TRAD Eyewear TOKYO )

トレンド物だけじゃない。眼鏡屋がおすすめするスタンダードで使いやすいメガネ/サングラス(TRAD Eyewear TOKYO )

x