2022-2023 人気の跳ね上げレンズやクリップオンメガネなど、伝統的で新しいメガネのオンラインストア(Trad-TOKYO)

2022-2023 人気の跳ね上げレンズやクリップオンメガネなど、伝統的で新しいメガネのオンラインストア(Trad-TOKYO)

こんにちは

日本で最も「トラッド(伝統的)」な

メガネを販売するオンラインストア

TRAD Eyewear TOKYOのスタッフOKDです。

 

このブログでは当サイトで販売中の

メガネ/サングラスをご紹介します。

今回は「クリップオンレンズ」と

「跳ね上げレンズ」という特徴のメガネです。

 

まずクリップオンとは何かについて

ご説明します。

前提としてメガネフレームは

本体に「枠」があり、

その枠の中にレンズをはめ込んでいます。

(黒縁の枠に、クリアのレンズを搭載したフレーム)

レンズは左右で1枚ずつ=2枚1組です。

そのレンズを度入りにしたり、

ブルーライトカット仕様にしたり、

あるいはサングラスにしたりと

色々な使い道があります。

(外付けするクリップレンズ)

クリップオンレンズは通常の

メガネ/サングラスフレームの「上から」

別のレンズをクリップ式で固定・被せる

仕組みのものを意味しています。

(クリップレンズ装着時の画像)

例えば、

本体はクリアなレンズの「メガネ」として。

上からサングラスレンズをクリップで

固定することでサングラスにできます。

本体側のレンズを交換したりすることもなく

同じフレームのままで気軽に

メガネ/サングラスを切り替えられるとあって

2022年〜2023年のトレンド商品となっています。

 

トレンド商品では

「跳ね上げレンズ」も見逃せません。

こちらも文字通りの

「レンズが跳ね上がる」仕組みの

メガネ/サングラスフレームを指します。

(レンズが跳ね上がる設計のメガネ)

ちょっと視点を変えたいときに

レンズを跳ね上げることで

いちいちメガネを外す必要がなくなります。

また、

マスク着用時や食事の際に

レンズが曇ることが気になるときに

さっと跳ね上げることもできます。 

(レンズ跳ね上げ時、横からの様子)

機能性だけでなく、

跳ね上げレンズといった個性的な

ギミックが好きでコレクションされる方も

多いようです。

 

現在当サイトで取扱中の

跳ね上げレンズは日本における

メガネの聖地・鯖江で製造されている

フレームが中心となっております。

(高品質なメガネを取り揃えております)

伝統的(トラッド)だけども新しい要素も

盛り込んでいるニュークラシックな

メガネ/サングラスをぜひお試しくださいませ。

 

「トラッド」なメガネ/サングラスを

探すならTRAD Eyewear TOKYOで。

ぜひご検討くださいませ。

 

それでは。

OKD

関連記事

2023年オープンした新しくも伝統的なメガネ/サングラスを販売するオンラインストア

2023年オープンした新しくも伝統的なメガネ/サングラスを販売するオンラインストア

(2024年4月)弊社ブランド「Trad」、「TYBALT」などがアイウェア展示会「SLIT」に出展いたしました

(2024年4月)弊社ブランド「Trad」、「TYBALT」などがアイウェア展示会「SLIT」に出展いたしました

眼鏡の聖地・鯖江で製造される匠の「クリップオンレンズ」メガネ/サングラス(Trad-TOKYO)

眼鏡の聖地・鯖江で製造される匠の「クリップオンレンズ」メガネ/サングラス(Trad-TOKYO)

x