伊達眼鏡を買った時に搭載されている「度なしのレンズ」はいわゆるデモレンズがである場合が多いです。なるべく交換しましょう!

伊達眼鏡を買った時に搭載されている「度なしのレンズ」はいわゆるデモレンズがである場合が多いです。なるべく交換しましょう!

こんにちは

個性的なデザインや機能性の

眼鏡を販売するオンラインストア

Trad Eyewear TOKYOのスタッフです。

 

今回はSNSなどでも話題の

「新品のフレームにはめてある

度なしレンズ・通称「デモレンズ」の

交換について書いています。

デモレンズは、

眼鏡を試着する際に使用される仮のレンズです。

デモレンズは通常、

視力矯正のための正確な度数や

特殊なコーティングが施されていないため、

実際の使用には適していません。

そのため、

デモレンズを実際の視力矯正用のレンズと

もしくは撥水可能などが施された

レンズへと交換することが推奨されています。

 

デモレンズはフレームの形状保護の

目的ではめ込まれているため

時間の経過とともにレンズ表面にシワや

傷が目立ちやすくなるデメリットもあります。

 

そこで、

デモレンズから加工などが施されたレンズに

交換することによって以下のようなメリットがあります。

 

デモレンズは通常、

コーティングや保護機能が施されていない

場合があります。

実際の視力矯正用のレンズに交換する際に

コーティングや保護機能が付いて

快適な使用が可能になります。

例えば、

紫外線カットや撥水コーティングなど、

特定のニーズに対応したコーティングを

選ぶことができます。

 

フィット感の確認:

実際の使用を想定したレンズに

交換することで、

フレームとレンズのフィット感を

正確に確認することができます。

デモレンズでは、

レンズの厚みや形状が

実際のレンズと異なる場合があるため、

交換することで実際の使用状態に近い

フィット感を確認できます。

 

したがって、

デモレンズから実際使用向けのレンズに

交換することは一般的に推奨されます。

眼鏡を購入する際には、

デモレンズから実際のレンズに交換するように

眼鏡専門店などで相談してみてください。

適切な度数やコーティングを提案し、

眼鏡を快適かつ正確に使えるように

サポートしてくれると思います。

 

当店でもデモレンズの交換を承っております。

出荷前に新品のレンズへ入れ替えたい、

ブルーライトカット加工の入ったレンズへ

交換したいなどご希望があればお気軽に

メッセージなどでお問い合わせください。

 

スタッフよりご案内させていただきます。

それでは。

OKD

関連記事

トラッドアイウェアトーキョーは細身のチタン製眼鏡『rimsync eyewear(リムシンクアイウェア)』の取扱店です。

トラッドアイウェアトーキョーは細身のチタン製眼鏡『rimsync eyewear(リムシンクアイウェア)』の取扱店です。

跳ね上げレンズ『Lotus』のストレートテンプル完売のお知らせ(Trad Eyewear TOKYO)

跳ね上げレンズ『Lotus』のストレートテンプル完売のお知らせ(Trad Eyewear TOKYO)

ネットで完結!オンラインレンズ交換サービスのご紹介(オンライン眼鏡・サングラスショップ)

ネットで完結!オンラインレンズ交換サービスのご紹介(オンライン眼鏡・サングラスショップ)

x