【2023年春夏のトレンド】顔を飾るおしゃれなアイウェアとカラーレンズで目を守りつつおしゃれを楽しもう(個性的な眼鏡/サングラスのTRAD)

【2023年春夏のトレンド】顔を飾るおしゃれなアイウェアとカラーレンズで目を守りつつおしゃれを楽しもう(個性的な眼鏡/サングラスのTRAD)

こんにちは

個性的な眼鏡/サングラスのオンラインストア

Trad Eyewear TOKYOのスタッフOKDです。

 

今回は2023年のトレンドである

「カラーレンズ」を用いつつおしゃれに

春夏を楽しみましょうということで

書いていきたいと思います。 

最近では芸能界隈でも「調光レンズ」など

サングラスを積極活用する方が増えています。

また、

ある鉄道会社さんでもサングラスを勤務中に

着用することを認めるなど

サングラス(カラーレンズ)の実用性が

世に認められつつあると実感しております。

既に海外では鉄道乗務員などはもちろん、

屋外で作業する方がサングラスをしているのは

割と一般的になっています。

なぜサングラス(カラーレンズ)を活用するのか。

それは目に関わるさまざまなトラブルが

生じるリスクを軽減するためです。

 

日差しによる障害はそのまぶしさだけではありません。

目が陽の光を直接受けると

目に関わるさまざまなトラブルが

生じるリスクがあります。

 

特に紫外線は目にとっては有害です。

少しならまだしも長期的に浴び続けると

白内障などのリスクが生じてきます。

そういったリスクを軽減するために

サングラス(カラーレンズ)が有力であると

日本でも認知される様になってきたのです。

せっかく眼鏡/サングラスをかけるなら

自分の好きなデザインや流行りのフレームで

ファッション感覚としても楽しみたいです。

おしゃれ眼鏡で顔を飾りつつ、

カラーレンズで目を守ることでそれが可能になります。

夜間はイエロー系が良い、

アウトドアではグリーン系がおすすめ、

など場面に応じて使い分けることが

推奨されています。

普段の生活スタイルを踏まえながら

眼鏡店のスタッフさんと相談して色を決めても良いと思います。

度入りカラーレンズの作成も可能です。

度入りレンズ作成には「眼鏡処方箋」など

レンズ情報が必要です。

 

基本的に眼鏡/サングラスフレームは

レンズ交換が可能です。

自分のお気に入りのフレームでおしゃれしつつ

楽しく目を守ってみませんか。

 

それでは

OKD

関連記事

【2023年】紫外線から目を守る「調光レンズ」で眼精疲労や目のトラブルリスクを低減させる工夫

【2023年】紫外線から目を守る「調光レンズ」で眼精疲労や目のトラブルリスクを低減させる工夫

(要注意!)高級ブランド眼鏡・サングラスを買う前に、フレームのレンズ交換可否を確認しよう

(要注意!)高級ブランド眼鏡・サングラスを買う前に、フレームのレンズ交換可否を確認しよう

【2023年】遠近両用レンズにプラスワン。跳ね上げレンズで視点を調整できるアイウェア特集(眼鏡/サングラスの通販サイトTrad Eyewear TOKYO)

【2023年】遠近両用レンズにプラスワン。跳ね上げレンズで視点を調整できるアイウェア特集(眼鏡/サングラスの通販サイトTrad Eyewear TOKYO)

x