オンラインでの度入りレンズ眼鏡作成の流れ(レンズのみ作成の場合もOK)

オンラインでの度入りレンズ眼鏡作成の流れ(レンズのみ作成の場合もOK)

こんにちは

個性的なデザインや機能の眼鏡を

企画販売するオンラインストア

Trad Eyewear TOKYOのスタッフです。

 

先日は度入りレンズ作成に必要な

眼鏡処方箋の取得方法」について書きましたので

今回は度入りレンズ作成の大まかな流れを

書いていきたいと思います。

(*当サイトのようなオンラインの場合)

 

当サイトでは、

眼鏡処方箋などレンズ作成用の

データがあればオンラインでレンズ作成が可能です。

(度入りカラーレンズも可能)

*度なしレンズの場合は眼鏡処方箋は不要です。

カラーレンズやブルーライトカットレンズなど

交換することができます。

オンラインストアで販売中の眼鏡と一緒に

レンズも購入することもできますし、

お手持ちの眼鏡のレンズ交換も可能です。

手持ちフレームのレンズ交換の場合は

1度フレームをお預りします。

 

<度入りレンズ入り眼鏡の作成)

1)眼鏡処方箋を取得する

別の記事でもご案内した通り、

まずは眼科・眼鏡店でレンズ作成用データの

作成をお願いいたします。

特に初めてのレンズ作成の場合は、

ご自身の目の状況を正確に把握するためにも

眼科での取得もオススメしています。

 

2)眼鏡店、オンラインストアにて

眼鏡処方箋を渡してレンズを作ってもらう。

眼鏡店やオンラインストアで

気になる眼鏡が見つかったらサイズなどを

確認した上でご購入をお願いします。

その際に眼鏡処方箋を店舗へご共有ください。

*店舗によってレンズ代金がフレーム込みの場合や

別料金になる場合があります。

 

当サイトの場合は度ありレンズの単焦点レンズまで

表示価格にてお受けしております。

*オプションの「レンズ交換」をご確認ください。

単焦点レンズとは

「近視」「遠視」「乱視」「手元専用」など

一般的なメガネに用いられるレンズです。

一般的な屈折補正に用いられます。

 

多焦点レンズ=遠近両用は別途お見積りとなります。

チャットやメールなどでお問い合わせください。

*レンズ代金お見積もりにも眼鏡処方箋が必要です。

多焦点レンズは、

遠くから手元まで見えるように設計されたレンズです。

「多焦点レンズ」は主に40代以降の方向けに、

1つのメガネで掛け替えすることなく

遠くと近くを見られるようにしたメガネレンズです。

「遠近両用」とも言われます。

このあたりの適正レンズの判断は

眼科や眼鏡店と相談しながら決める必要があります。

まずは眼科にて目の診断を受けましょう。

 

お手持ちのフレームに作成するレンズを

はめ込みたい場合は1度当社へフレームを

お預けいただきます。

(宅配などでご郵送ください)

 

3)レンズ作成・フレームへのはめ込み。

レンズ情報とフレームが決まったら

後はレンズを作成しフレームへはめ込みます。

当サイトでは概ね7営業日〜で完成します。

一連の工程が完了しましたら

宅配にてお手元へお届けいたします。

*眼鏡店舗での場合は

店頭受け取りになるかと思います。

 

以上がおおまかなレンズ交換の流れです。

なお、

1度作成した眼鏡処方箋は2枚目以降の

眼鏡フレーム作成時にも利用できます。

ただし加齢などの理由で目の状態は変化します。

一定期間ごとに処方箋は取り直すことも

ご検討ください。

 

ご不明な点などございましたらお気軽に

ご連絡くださいませ。

それでは。

 

Trad Eyewear TOKYO

OKD

 

関連記事

度入りレンズ作成のための眼鏡処方箋(レンズデータ)の取得方法

度入りレンズ作成のための眼鏡処方箋(レンズデータ)の取得方法

跳ね上げレンズ『Lotus』のストレートテンプル完売のお知らせ(Trad Eyewear TOKYO)

跳ね上げレンズ『Lotus』のストレートテンプル完売のお知らせ(Trad Eyewear TOKYO)

【2023年夏】通販でも購入できる・調整がしやすいチタン製眼鏡のススメ

【2023年夏】通販でも購入できる・調整がしやすいチタン製眼鏡のススメ

x