【2023年11月】実用性とオシャレ感を兼ね備えた人気の跳ね上げ式レンズ眼鏡をご紹介します

【2023年11月】実用性とオシャレ感を兼ね備えた人気の跳ね上げ式レンズ眼鏡をご紹介します

こんにちは

個性的な眼鏡・サングラス(アイウェア)の

オンラインストア「Trad Eyewear TOKYO」です。

 

今回は当ストアの主力商品でもある

跳ね上げレンズ眼鏡のラインナップ

ご紹介したいと思います。

もうすぐクリスマスということで

プレゼントにもおすすめなフレームです。

(Trad:Lotus)

跳ね上げレンズとは、

文字通り「レンズが跳ね上がる」タイプの

眼鏡・サングラスのことを意味します。

(Trad:Mallow)

基本的にはレンズを跳ね上げた状態では

裸眼での視点となります。

つまり、

レンズの跳ね上げ機能を利用することで

フレーム自体は着用したまま、

裸眼とレンズ越しの視点を切り替えることができます。

(Trad:Yew)

跳ね上げレンズでない眼鏡で

例えば近視用度入りレンズを使用する場合、

視点の切り替えをするときは

フレームを一旦外さないといけませんでした。

それが跳ね上げレンズの場合は

フレームを着用したまま視点が切り替えられるので、

見た目のオシャレ感だけでなく

実用性でも高く評価されています。

(甚ノ五拾 JN050[ Jinroku ](跳ね上げレンズ))

フレームの素材は様々ですが、

当ストアでは主に「チタン製」のフレームを

企画・販売しております。

細かいデザインに対応しやすい素材で、

品質も良いため選ばれています。

(チタン製鼻パッドを採用(Trad:Iris))

チタンは金属アレルギーが

発症しにくいとも言われており、

肌に身につけるアイテムに向いている素材です。

当ストアでは複数種類のレンズ形状の

跳ね上げレンズ眼鏡を販売しています。

さらに主力ブランドである「Trad」では

「リム巻き」というオシャレなデザインを採用しています。

(Trad:Rue)

プラスチック部分では色味などを工夫し

デザインの幅を広げることができています。

レンズ形状、色味でお好みのタイプが

見つかれば幸いです。

そして、

もちろんレンズ交換も可能です。

サングラスレンズや度入りレンズなど

希望のレンズへと変更することが可能です。

弊社ブランド商品の正規代理店や

弊社提供のオンラインレンズ交換サービスを

ご利用いただくことでレンズ交換が可能です。

(*代理店以外の一般の眼鏡店でも

交換可能な場合もありますが、

他社製品持ち込みとして断られる場合があります。)

 

代理店一覧はこちら(姉妹サイトに移動します)

 

オンラインレンズ交換の詳細はこちら

 

跳ね上げレンズフレーム一覧はこちら

 

ご不明点などはお気軽にお問い合わせください。

それでは。

スタッフ・OKD

関連記事

レンズ枠のない「リムレス」眼鏡・サングラスがおしゃれな上に実用性も高い!

レンズ枠のない「リムレス」眼鏡・サングラスがおしゃれな上に実用性も高い!

(2024年4月)弊社ブランド「Trad」、「TYBALT」などがアイウェア展示会「SLIT」に出展いたしました

(2024年4月)弊社ブランド「Trad」、「TYBALT」などがアイウェア展示会「SLIT」に出展いたしました

2023年のクリスマスに「跳ね上げレンズ眼鏡」のプレゼントはいかがでしょうか。調整のしやすいチタン製眼鏡はサイズ間違いの失敗しにくいアイテムです

2023年のクリスマスに「跳ね上げレンズ眼鏡」のプレゼントはいかがでしょうか。調整のしやすいチタン製眼鏡はサイズ間違いの失敗しにくいアイテムです

x