【2023年5月】眼鏡/サングラスフレームとレンズは消耗品?どのくらいの期間で交換するべきなのか

【2023年5月】眼鏡/サングラスフレームとレンズは消耗品?どのくらいの期間で交換するべきなのか

こんにちは

シルエットと機能性を追求した

クラシックデザインの眼鏡を販売する

オンラインストアTRAD Eyewear TOKYOの

スタッフOKDです。

 

そろそろ梅雨入りかなという天気が続きますね。

晴れの日も雨の日も

視界をクリアにしてくれるカラーレンズなど

眼鏡/サングラスは常に私たちの生活を

支えてくれる存在です。

今回はそんな眼鏡フレームとレンズの寿命について

書いていきたいと思います。

まず前提として

「眼鏡フレームとレンズは消耗品」である

という認識を持っていただけたらと思います。

 

結論から申し上げますと

眼鏡フレームもレンズも耐久年数があり、

使用を続ける中で経年劣化したりすることで

交換するべき日がいつかやってきます。

素材や使用状況によって異なるのですが

レンズについては1年〜5年と開きがあります。

長く使い続けるためにも

日々のメンテナンスが重要です。

 

眼鏡店などにも設置されている音波洗浄機は

市販でも比較的安く購入でき

眼鏡/サングラスフレームの洗浄にうってつけです。

日々水洗いするだけでも何もしないよりは

フレームとレンズの維持につながります。

*眼鏡店などでも注意喚起されていますが

レンズのクリーニングにアルコールや

アンモニアを含むものは使用しない方が良いです。

逆にレンズを傷つけてしまう恐れがあります。

 

音波洗浄機での洗浄、

もしくは水洗いしたら

眼鏡/サングラス専用のクリーナーで優しく拭きましょう。

 

上記のようなメンテナンスを続けることで

眼鏡/サングラスを長く使い続けることが

できると思います。

それでも形あるものですのでいつかは

劣化し交換する必要があります。

 

まずはレンズですが、

プラスチック製やポリカーボネート製など

素材によって耐久年数目安が異なります。

プラスチック系であれば1~3年ほど、

ポリカーボネート製などでは5年が目安とされています。

レンズは使用を続けることで

傷がはいってしまうことや割れてしまうことがあります。

着用していて違和感を感じ始めるなど

「兆候」があると感じられた時には

眼鏡店などで相談してみると良いと思います。 

フレームについてもレンズと同様のことが言えます。

フレームではざっくりと

プラスチック系とメタル系(チタン製など)があり、

いずれも使用を継続することで経年劣化していきます。

プラスチックフレームの場合は変色したり

パーツの緩みなどが出てくる可能性があります。

メタル系でも錆びることがあり、

汗や化粧品が付着して耐久性をさらに下げる

恐れもあるので日々の洗浄は欠かせません。

 

フレームを落としてしまい破損することもあり得ます。

なお、

万が一破損してしまっても自力で修理することは

推奨されていません。

特に接着剤などを使用してしまった後ですと

プロのスタッフでも修繕ができなくなる恐れがあります。

破損してしまった時やパーツの不具合が生じた時は

購入店やお近くの眼鏡店で相談すると良いと思います。

 

目の補助機能としての役割も果たす

眼鏡/サングラスですから、

日々メンテナンスして長く使いつつも

劣化状況に応じて交換・新調しましょう。

 

それでは。

OKD

関連記事

眼鏡/サングラスを少しでもお得に購入したい方向け。おしゃれ眼鏡フレームのアウトレット販売のお知らせ

眼鏡/サングラスを少しでもお得に購入したい方向け。おしゃれ眼鏡フレームのアウトレット販売のお知らせ

(要注意!)高級ブランド眼鏡・サングラスを買う前に、フレームのレンズ交換可否を確認しよう

(要注意!)高級ブランド眼鏡・サングラスを買う前に、フレームのレンズ交換可否を確認しよう

オンラインストアの眼鏡/サングラスの在庫について(Trad Eyewear TOKYO)

オンラインストアの眼鏡/サングラスの在庫について(Trad Eyewear TOKYO)

x